冬の暖房にペレットストーブはいかがでしょうか|北海道滝川市のパナソニックリフォームクラブ|笹木産業 北海道滝川市・砂川市・赤平市・芦別市・奈井江町・新十津川町

施工例紹介

冬の暖房にペレットストーブはいかがでしょうか

冬の訪れが待ち遠しくなる、そんな生活が始まります

北海道でも豪雪地帯として有名なこの地域では冬の寒さも厳しく、昨今のエネルギー料金高騰の影響も受けて高額な光熱費となっています。

解決策として、電気エネルギーの消費を抑え、リフォームで後付けのできるペレットストーブに着目しました。 熱源となるペレットは主に間伐材を利用しているため環境に優しく、煙突の設置も不要なのでリフォームに向いています。
さらにペレットストーブの特徴である、炎が見えること・輻射熱で部屋を暖めることなどは、快適さやリラックス効果を生み出します。
北海道という自然に厳しい環境で、いかに電気の消費を抑えるかというポイントにお応えできたのではと考えています。
今まで憂鬱だった冬の訪れが楽しみになるような、そのようなご提案を目指しました。
出来栄えにはご満足いただいています。またペレット保管用に、和室収納部を改修しています。
寒さ対策としては他に風除サッシの設置を行いました。設備改修ではトイレを交換しています(パナソニック・アラウーノ)。

  • AFTER
    リビングにペレットストーブを設置しました。
    暖房器具の役割だけでなく、インテリアとしても絵になります。
    薪ストーブとは異なり、FF式の給排気が可能です。そのため壁に配管工事をするだけですので煙突は不要です。
    リフォーム工事での設置は薪ストーブより簡易です。
    暖かさだけではなく、炎の揺らめきを眺めたりストーブ内でペレットが投入される音を聞くことで、癒しの効果も期待できます。
    材料のペレットは道産間伐材を利用している商品もありますので、地産地消のエネルギー源として注目されています。
    BEFORE
    ストーブ設置場所確保のため、窓形状の変更・エアコンの移設を行いました。
  • AFTER
    ペレットストーブ設置にあたり、必要となるのがペレット置き場。
    リビングに隣接している和室の収納部を改修してペレットを置けるようにしました。
    全体的な収納量も増えましたので、ペレット以外にも日用品が多く収納できます。
    BEFORE
    収納量が少し物足りない押し入れでした。
  • AFTER
    元々設置していたかのように、外観になじむ風除サッシ。
    風除サッシを付けることで寒さを防ぐ効果と共に、玄関前の空間に物を置くスペースができました。
    不在時の宅配など置き配の利用も可能です。
    BEFORE
    特に不便の無いポーチ廻りですが、寒さ対策で風除サッシをご検討されました。

VOICE

ペレットストーブを設置することで、部屋の雰囲気がぐっと良くなりました。
ストーブをメインとしたインテリア計画を楽しんでいます。
電気料金に関してはこの冬を越してから結果をみることになりますが、電気使用量は昨年度より減っています。
元々は電気料金の削減のご相談だったので、暖房設備の交換など提案していました。何度目かの打ち合わせでお施主様の方からペレットストーブの話があり、改修工事のメインが決まりました。
ストーブ設置にあたり、設置場所の確保・ストーブのステージの作成のプランをご提案。お施主様のご要望を入れつつ内容をまとめました。
ペレットストーブはデザインや機能など様々なタイプがありますが、今回はヨーロッパのアンティークな鋳物製を選ばれました。
遠赤外線効果のある炎と温風が部屋をじんわり温めてくれます。設置場所の確保が必要ですが、お勧めしたいアイテムです。
ページトップへ戻る