施工例紹介

築30年でも全面改修で夢叶う

充実の収納と明快なコンセプトで快適生活

芦別市・I様邸 家族構成/ご夫婦50代
 
 「背中を見せることなく、対面キッチンで家族と触れ合いながら料理をつくるのが長年の夢でした」と、今回、ずっと胸にあたためていた想いが叶い、終始笑顔の奥様。1階が車庫や広い物置になっている築30年の中古物件を入手しましたが、経年の劣化があり全面リフォームの必要性は火を見るよりも明らかでした。複数社に声をかけて比較していく中で、Panasonic リフォーム Club 笹木産業(旧・リファイン滝川中央)のスタッフが女性ということもあり、奥様が伝えたい家事をする上での細かいニュアンスや希望を、やわらかな物腰で聞き取り、的確に提案。それが決定打になったそうです。またパナソニックの製品を使用している点でも安心感があったというのは、Panasonic リフォーム Club(旧・リファイン)でリフォームをする方からよく聞くお話で、I様も同様にそう考えられたそうです。
 「白とダークブラウンをコンセプトカラーに統一感を重視し、スタイリッシュな雰囲気に」と、奥様のイメージは明確であり、センスあふれるLDKが誕生。また生活の舞台裏を何とかし、ごちゃごちゃ片付かない悩みを解消するべく必須条件としたのが食品庫やシューズクローゼット。とにかく見せたくないものが扉の奥に隠れてくれるので、これまで抱えていたストレスもすっきり解決しました。
 大切に育ててきたグリーンを飾ったり、リフォームを機会に家具類も新調。まるで新築のような住まいになって、想像していた以上に毎日の暮らしが楽しくなったそうです。
 
  • AFTER
    BEFORE
  • AFTER
  • AFTER
画像クリックで拡大します

VOICE

主なリフォームのポイント
【玄関】
シューズクローゼットを設けたことにより、いつでもきれいな状態を維持。玄関ホールも広く、明るい色使いで空間にゆとりが感じられます。

【LDK】
ウッドデッキの先に広がる景色が楽しめる、とても開放的な空間に。キッチンは吊り戸棚のような目線を遮る収納を避けた対面式としました。

【リビング隣の洋室】
お孫さんたちが泊まれるスペースとして、布団も収納可能。リビングとを仕切る建具は、開閉がラクで、インテリア性もあるタイプをチョイスしました。
ページトップへ戻る