施工例紹介

セカンドライフを見据えて

二世帯住宅を快適改修

滝川市・B様邸 家族構成/ご夫婦50代、母親80代

29年前、ご両親と二世帯住宅を建てたB様。歳月は流れ、お父様が亡くなり、子どもたちは独立。気づけば、住み慣れたわが家はあちこちに傷みが目立ってきました。「義母が住む1階は特に寒く、無駄なスペースが多かったので、義母のためにも暮らしやすい住まいに替えなくてはと思いました」と、奥様。

 既存の住まいは、玄関のみ共有する上下分離式。経年劣化した各階の水まわりやサッシは新しいものに交換し、断熱改修を行いました。さらに1階は、高齢のお母様が動きやすいよう動線を改修。使わなくなっていた個室もリフレッシュし、客間に替えました。B様ご夫妻が暮らす2階は、不要になった子ども室や和室を取り払い、オープンなLDKに一新。隣接する寝室も建具を開け放てば、続き間になるよう内装や収納をリビングに合わせて整えました。
「わが家は昔から来客が多く、一度に10数人もの大人が集まることもあります。リフォームで、ゆったりとおもてなしができるリビングを設けたいという夢がかないました」。しっかりと断熱改修を行ったことで、お母様も「暖かく、動きやすくなって、あずましい」と大喜びだそう。

 近所に住む息子さん一家も、快適になった実家に、2人のお子さんを連れてよく遊びに来るようになりました。「日々の暮らしがますます賑やかになりました。やがて迎えるセカンドライフも、退屈している暇はなさそうです」と、奥様が笑顔で話してくれました。

  • AFTER
    BEFORE
  • AFTER
    BEFORE
  • AFTER
    BEFORE
画像クリックで拡大します

VOICE

主なリフォームのポイント
【断熱改修】
1、2階ともに経年劣化による寒さを解消するため、住宅診断を実施し、断熱改修を行いました。

【2階ダイニング・キッチン】
既存の子ども室をダイニングに変更し、既存の壁付けキッチンをL字型に替えて、広く使いやすく。

【2階リビング】
既存の和室スペースをリビングに採り込み、来客時に空間を広々と使えるようにしました。
ページトップへ戻る